フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

細くなるための正しい足の鍛え方

足のトレーニングは、カラダ全体の脂肪を落とす上でも一番と言っても過言ではないくらい重要です。足はカラダの中で一番大きな筋肉ですので、足の筋肉量を増やすことで、基礎代謝が上がり、1日の消費カロリーがグンと増えますので、脂肪を減らす上では欠かせません。

ですが、「足を鍛えすぎると太くなるのではないか」、「足に筋肉がつきやすくちょっと鍛えるとすぐ太くなってしまう」などと、おっしゃる方がおられます。もし実際に「鍛えるとすぐ筋肉がつく」なんて方がいたら羨ましい限りです(笑)実際太くなっているほとんどは以下のような理由が挙げられます。脂肪で太くなっている。むくみで太くなっている。肉が固くなって太くなっている。この3つがほとんどです。

まず、脂肪で太くなっている場合、見分け方は太ももやふくらはぎを触ると柔らかい。足全体が太めである。セルライトがある。ふくらはぎや太ももに力を入れても筋肉の筋が見えない、また固くない。そのような場合は筋肉が少なく、代謝が落ちていますので、筋トレと食事のコントロールが必要です。

次に、むくみで太くなっている場合、ふくらはぎに靴下の跡や爪で押した跡が消えずに残る。足が張っている感じがする。その場合は、塩分、アルコール、糖質を控えて運動すること。ほうれん草、納豆などからカリウムを摂取し、塩分を体外へ排出する必要があります。

肉が固くなって太くなっている場合は、足に力を入れなくても固い。足に力を入れても筋肉の筋が見えにくい。この対処法は、凝りをとるマッサージをする、軽い有酸素運動を続けることです。

以上のように、足が太くなる理由は私生活での過ごし方の影響が一番大きく、筋肉がついて太くなったということではない場合がほとんどです。更に女性はホルモンの影響で、トレーニングすると筋肉が肥大するよりも引き締まる方向に働くので、足を細く引き締めるには「足トレ」が欠かせないのです。

筋肉は血液を循環させ、酸素を取り入れて動いています。冒頭でも述べた通り、足はカラダの中で一番大きい筋肉で、その部位をトレーニングすると必要な血液量、酸素量も多いため心拍数が上がり、息も上がりキツイトレーニングです。ですが、そのキツさを乗り越えた先になんとも言えない達成感と爽快感があります。職場での悩みや恋愛でモヤモヤしていることなど、どうでもよくなります。心も体も強くなるために「足トレ」は欠かせません!

Translate »