フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

3つの肥満タイプとその対処法

ご存知でしたか?一概に「肥満」と言っても種類があるんです。大きく分けて3つに分かれていて、それぞれに肥満に至った生活の特徴とその対処法があります。1つ目は「リンゴ型肥満」。このタイプは別名「内臓脂肪型肥満」と呼ばれています。お腹の皮は薄いけど、内臓に脂肪がついてポッコリお腹が出ています。リンゴ型になる原因は、飲み過ぎです。頻繁な飲酒のせいで内臓脂肪をたっぷり蓄えてポッコリお腹になります。この体型は比較的あまり食べないがお酒好きの方が多く、食べてないのにお腹が出ている正体は内臓脂肪が原因なのです。対処法は、まずお酒の頻度を減らすこと、次に有酸素運動を行って蓄えた内臓脂肪をエネルギーとして使うことです。2つ目は「洋ナシ型肥満」。このタイプは「皮下脂肪型肥満」と呼ばれ、下腹やお尻、足などの下半身に脂肪がついていることが特徴です。洋ナシ体型に至った原因は、食べ過ぎ。大して動いてもいないのに、脂っこい食事から、使う予定のないエネルギーを過剰に摂取した結果が皮下脂肪として、いざという時のために体内のエネルギー予備タンクに貯まっているのです。対処法は、その予備タンクのエネルギーは使うことです。追加の余分なエネルギー補給は抑えて、筋トレ、有酸素運動をしてガンガン溜め込んだエネルギーを使いましょう!3つ目は、「バナナ型肥満」。このタイプは別名「スキニーファット」と呼ばれており、全体的にはスリムな体型ですが、下腹に脂肪がついてポッコリしています。若い頃は痩せ型だったけど、年齢を重ねて筋肉量が落ちて、基礎代謝が落ちたことが原因です。対処法は筋トレです。筋トレで筋量を増やして代謝をあげましょう。以上、分かりやすいようにポイントを細分化して挙げましたが、3つ全てに共通する対処法は、食事、筋トレ、有酸素運動です。この3つをやって痩せない人はいません。恐らく、3つのどれかに自分の体型が当てはまったかと思いますので、その体型に至った生活習慣を見直すところから始めてみてください。僕は、皆さんのカラダを変えるためのサポートはできますが、最初の一歩を踏み出す決断をするのはあなたしかできません。昨今はいろんなダイエット情報が交錯していますが、一番大事なことは、「やる!」です。自分のカラダから逃げずに向き合ってダイエットに励んでいる方は、勇敢な戦士であると僕は思っています。すごく勇気がいることですが、是非勇気を振り絞って最初の一歩を踏み出してみてください。後に振り返った時にいかにその一歩が大きかったかが分かるはずです。

Translate »