フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

5分で脂肪燃焼できるHIITの正体

コロナの影響で、自宅でできる脂肪燃焼トレーニング『HIIT(High Intensity Interval Training)』の認知度がグッと上がりました。

HIITとは、高強度インターバルトレーニングといって、激しい運動を数秒行い、短い休憩を挟んで次の種目に移行するといった内容です。

この運動から得られるメリットは、心肺機能向上、筋力アップ、脂肪燃焼です。そしてHIITの最大のメリットは短時間で終わることです。

内容にもよりますが、5分で終わる内容が一般的です。これまでは脂肪を燃焼させるためには有酸素運動が必要と言われてきました。有酸素運動とは20分から1時間ほどの低強度のランニングやウォーキングが当てはまります。もちろんこれらの有酸素運動でも脂肪は燃焼されます。ですが5分しか行わないHIITでも脂肪は燃焼されるのです。

 

 

さらにHIITのほうが長時間の有酸素に比べその効果は高いとされています。ではなぜ5分しか行わないHIITでも脂肪は燃焼できるのか?

それは運動後に秘密が隠されています。HIITの様な激しい運動をした後は、カロリーが消費しやすい状態が作られます。理由は、過剰酸素摂取量(EPOC)と呼ばれるものが関係しており、カラダを元の心拍数に戻そうと酸素の消費が増え続けます。これをアフターバーンと呼び、運動を終えた後もカロリーがどんどん消費されている状態が続きます。さらにこのアフターバーン効果は24〜72時間続くと言われています。ヤバイですよね(笑)。

 

こんなおいしい効果があるならやらない手はないのですが、このアフターバーンが起こるには条件があります。それは『限界まで追い込む』です。終わったら肩で息をしてヒザに手をつきたくなるくらいまで心拍数を上げなければなりません。そうです。めっちゃキツいんです(笑)。

頻度は1回5分のHIITを週に3回できれば御の字だと思います。この頻度だと代謝が高い(エネルギー消費が高い)状態を長時間キープできるのでダイエットにもかなり効果的です。

 

メニューがわからない、ひとりでやるのは心が折れてしまうという方は、

YOU TUBEでボクがHIITをしている動画があるので一緒にやりましょう!

『ORANGE FITNESS CLUB PHILIPPINES』から検索していただけます。

 

 

 

ポギ金子

BGCのセレンドラにあるパーソナルジム『ORANGE FITNESS CLUB』でトレーナーとして活動。
日本とは異なった環境でのダイエットやボディメイクの指導を行っている。

Translate »