フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

その112 ネイティブ以上の英語力を身につける!

先日、高校生の時に中国からアメリカに移り住んできた中国人女性と話をする機会がありました。中学校で英語を習い始めたという彼女に「アメリカの高校で苦労しませんでしたか?」と質問すると「全く苦労しませんでした。」という答えが返ってきました。

中学1年で英語の勉強を始めてわずか5年でアメリカに移り住み、アメリカの高校でもたちまちトップクラスの成績を達成したという彼女。一体どんな方法で英語を身につけたのか聞いてみました。

「中国の学校(進学校)で毎日ネイティブの先生から英語の授業を受けていました。学習の難易度は高く、英語の授業ではシェークスピアを読んでいましたからアメリカの学校で授業を理解することは難しくありませんでした」

 

  • 高度な英語力を獲得するカギはリーディング

高度な英語力を獲得するには「リーディング力」を育成することが必要であることは、このコラムで繰り返し述べてきました。英語の本がスラスラと読めるようになれば、子どもは自分の力で語彙力、文法力、読解力、表現力、リスニング力、スピーキング力のすべてを伸ばしていくことができるのです。

英語のリーディング力を育てる最初のステップが「正しい発音」です。英語の本を早いスピードで読み解くには、正しい発音を身につけなければいけません。自己流の発音ではスラスラと英語の本が読めるようにはなりません。

英語の正しい発音を身につける学習法が「フォニックス」です。フォニックスは英語の五十音であり、英単語を構成している「音」を学ぶものです。英語には日本語に存在しない「音」がたくさんあります。フォニックスを学ぶことで英語特有の発音が身につきます。

 

  • フォニックスを歌で教える

フォニックスを家庭で教える簡単な方法が「歌」です。フォニックスの要素が詰まった歌を聞かせることで、子どもは英語の持つ音とリズムを身につけることができます。

フォニックスの歌はインターネットで調べればいくらでも見つけることができます。YouTubeではフォニックスの歌を無料で見聞きすることができます。これらを活用することによって、子どもはごく自然に英語の正しい発音を身につけることができます。

またナーサリーライムやマザーグースと呼ばれる英語のわらべ歌も優れた教材です。英語独特のリズムは「ライム」を学ぶことで効率的に身につきます。マザーグースやナーサリーライムには「ライム」が多用されていますから、聞くだけで英語のリズムと発音が身につきます。

 

  • アプリで教える

子どもが4〜5歳になったらスマートフォンやタブロイドのアプリを使ってフォニックスに取り組ませましょう。お勧めは海外で開発されたフォニックアプリやゲームです。英語だけですが子どもはすぐに操作方法を覚えてしまいます。

インターネットで「phonics apps」や「phonics game」と検索してみましょう。いくらでも楽しそうなゲームやアプリが出てきます。まずは両親が試して子どものレベルに合ったものを与えてください。

くれぐれもアプリは子どもにやらせっぱなしにしないように注意してください。1回に遊ぶ時間を15分や30分と決めて取り組ませるようにしましょう。

また「Preschool Apps」「kindergarten」などのキーワードで探すと英語力全般を学べるゲームやアプリが見つかります。これらを活用することで子どもは遊びながら英語の正しいリーディングを身につけることができます。

 

  • リーディング力を育てる本「英語で世界を相手にできる子の育て方」

英語のリーディング力の育て方について解説した私の新著が出版されました。タイトルは「英語で世界を相手にできる子の育て方」です。ネイティブを超えるリーディング力を育成するノウハウを、年齢別に紹介した本です。バイリンガル子育てを実践中の方にとって有用な情報が満載ですので、ぜひご一読ください!

Translate »