フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

その114 英語は会話力より読み書き力

グローバル化の進行に伴い日本の学校にも外国人子弟が増えました。都市圏はもちろん、地方の学校にも世界中から日本に移り住んできた外国人子弟が在籍することが珍しくなくなりました。しかし外国人子弟の多くは授業にスムーズについていけずに勉強で苦労しています。なぜでしょうか?

 

  • 学力の源は会話力でなく学習言語力

それは「学習日本語力」の弱さです。学力を獲得していく土台となる日本語を「読む力」や「書く力」が足りずに、授業についていけないのです。もちろん国語では「日本語の読み書き」を教えてもらえます。しかし元々日本語力が弱い外国人子弟が、日本人向けの教科書を使った授業を受けても満足な読み書き力が身につかないのです。

日本人の子どもは、小学校でひらがなを習う以前に、幼稚園や家庭で日本語の文字のインプットを受けて育ちます。既に五十音を覚えて小学校に上がってくる子どもがほとんどです。ところが外国人子弟は日本語の文字に触れる経験が全くないまま、いきなり小学校で日本語の教科書を読まなければなりません。

外国人子弟の保護者は日本語が話せない人が多く、家庭で日本語を教えることができません。日本人家庭であれば、親がひらがなや漢字の読み書きを教えたり、本読みをサポートできますが、外国人家庭ではそれができないのです。

 

  • 英語の文字のインプットが少な過ぎる

実はこれと同じことが日本の英語教育でも起きています。学習英語力の入り口である「英語の読み書き」訓練が足りていないのです。週に1回、学校の授業で英語に触れる程度では満足な読み書き力が身につくはずがありません。

英語の文字のインプットが足りないと英語に対する抵抗感が抜けません。分かりやすく例えるなら、韓国に行ってハングル文字に囲まれたような状況です。目にする文字を読むことができず、右も左も分からない状態なのです。まずは文字が読めるようにならなければ、安心してお店に入ることもできません。

子どもに英語力をつけてもらうには、まず英語の文字のインプットを増やして、英語に対する抵抗感を排除することが近道です。家庭では英語の文字チャートを貼ったり、英語の本に触れたり、英語の動画を見るなど、英語の文字のインプットを増やすことを心がけてください。

 

  • 英語が読めると自信がつく

英語学習は「リーディング力の育成」に集中すべきである。私がこのことをしつこくお伝えしているには理由があります。それは英語が読めるようになると英語に「自信」が持てるようになるからです。「自分は英語が読める」「英語は簡単だ」と子どもが思えれば、そこから先の学習はスムーズに進みます。

子どもの勉強や習い事はスタートが肝心なのです。最初にうまくできなかったり、失敗したりすると、その事に拒否反応を示すようになります。サッカーをしたことがない子どもを、いきなりサッカー教室に入れても、子どもは楽しむことができずに「もう行きたくない!」となってしまいます。

 

  • インターに通うお子さんの例

『娘がインターナショナルスクールに通いはじめて3ヵ月が経ちました。船津先生のアドバイスのおかげで、家族3人とも迷うことなく、元気に通っております。両親も英語が下手ながらも、クラス行事やボランティアに積極的に参加したりすることで、担任の先生が娘に目をかけてくれるようになり、またクラスメートの親ともよい関係を築くことが出来ています。

クラスで娘一人だけが英語を話せないというスタートで、英会話は現在も遅れをとっていますが、学習英語は、アドバイス通りフォニックスをみっちり予習していたおかげで、不思議と授業についていけているので、先生やまわりの子も、娘を違和感なく受け入れてくれています。

船津先生のカウンセリングを受けていなかったら、本当に迷走して悩んで大変なことになっていたと思います。娘に対しては、英会話の練習だけをしていたと思います。すべてがあまりに素晴らしいアドバイスなのでご報告させていただきました。』

 

  • 船津徹の新刊「世界で活躍する子の〈英語力の〉育て方」

私の本が出版されました。タイトルは「世界で活躍する子の〈英語力の〉育て方 」です。世界最難関のアイビーリーグ大学合格者を多数指導してきた「普通の家庭」でできる「世界レベルの英語学習法」を紹介しています。ぜひご一読ください。

Translate »