フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

今すぐできる『痩せる6ヶ条』

今回は今日から実践できる『痩せる6ヶ条』を紹介します。

①12時間何も食べない時間を作る
最近、ファスティングが流行っていますが、これはプチファスティングみたいなもので、食事の間隔を12時間空けることで、食べた物をきちんと消化する時間、つまり胃を休める時間を作ります。胃が疲れると食べたものから栄養を吸収できずに、下痢や便秘の原因になります。

 

②寝る3時間前に固形物の摂取を終える
これも胃を休めることに繋がるのですが、一番の目的は『空腹睡眠』するためです。空腹睡眠のダイエット効果は絶大で、軽い空腹を感じて寝ることで、寝ている間に内臓脂肪が減ります。

 

③夜の炭水化物摂取を控える
炭水化物はカラダのエネルギー源なので、寝る前に摂取してしまうと余ったエネルギーが寝ている間に脂肪としてカラダに蓄えられてしまいます。夜の糖質摂取をやめることで、空腹睡眠と胃を休めることにも繋がりますね。

 

④起きてすぐに朝食を食べない
朝はカラダに水分がなくてカラカラの状態です。そこに突然固形物を入れてしまうと、胃も食べ物を受け入れる準備が出来ていなくて、うまく消化出来ず胃にたまり便秘の原因になる可能性があります。起きてから1時間程空けて朝食を摂るくらいがベストでしょう。

 

⑤起床後、白湯を飲む
起床後カラダがカラカラの状態で白湯を飲むことで、カラダが温まり代謝が上がって、カラダが活動モードへと切り替わります。水分も吸収されることから内臓の機能も良くなり、食べたものを消化する準備が出来ます。

 

⑥意識的に歩く
ボク自身ダイエットをしていて思いますが、一番効果があると思うことは、『歩くこと』です。歩くって、一番簡単にできる運動なのに意外と出来ていないんですよね。ボクは1日17,000歩を目安に歩いています。ノルマが高すぎると続かないので、まずは楽にクリアできる毎日のノルマを設定して意識的に歩いてみてください。歩数の測定はスマートウォッチがおすすめです。ボクはアップルウォッチを使っていますが、歩いてない日は、歩けって言ってくるんでいいパートナーですね(笑)。

 

以上の6項目です。ひとつクリアしたら次って感じで、自分のペースで試してみてください。小さな変化ですが、違いを体感できるはずです。

 

 

 

ポギ金子

BGCのセレンドラにあるパーソナルジム『ORANGE FITNESS CLUB』でトレーナーとして活動。
日本とは異なった環境でのダイエットやボディメイクの指導を行っている。

Translate »