フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

航空業界、商用便再開に向けてガイドライン作成を政府に要請

民間航空会社はこのほど、国際線および国内線の商用便の再開に向けて、政府に対してロードマップを作成するよう呼びかけていることを明らかにした。

国際航空運送協会のカントリーマネージャーのデビッド氏は「政府が渡航を禁止するのにたった一晩を要したが、その再開にはそれ以上の時間を要する。そして再開にはロードマップが必要だ」と語った。 下院運輸委員会の委員長も同様の見解を示しているとされる。ルソン島全体に課された強化されたコミュニティ検疫期間の延長に伴い、すべての国際および国内線は5月15日まで渡航停止となっていた。

セブパシフィック航空とフィリピン航空は 、商用便の再開に備えて独自の安全対策を発表している。 対策には、すべてのパイロットとキャビンクルーが配備前に迅速な抗体検査を受けることや、地上スタッフを含むすべての運航乗務員が、勤務中に個人用保護具を着用することなどが含まれる。

Translate »