フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

エンペラドール、20年の設備投資額を40%削減へ

フィリピンの酒造大手エンペラドールはこのほど、2020年の設備投資額を当初予定から40%減らす方針だと明らかにした。新型コロナウイルスの流行拡大と移動制限を受けて、景気が低迷しているため。エンペラドールは先に開催された株主総会で、「状況が改善されれば、通常レベルの再投資を開催する」と説明した。一方、将来に影響を与えるリスクを現時点では避けたいとしている。

同社の第1四半期(1~3月)の純利益は前年同期比2%増の33億3,000万ペソとなった。売上高は215億4,000万ペソで、前年同期の214億6,000万ペソから増加している。

Translate »