フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

酒造最大手エンペラドール、2Qは24%増益確保

フィリピンの酒造最大手エンペラドールはこのほど、同社の2020年第2四半期(4~6月)決算で、純利益は19億ペソとなり、前年同期から24%拡大したと発表した。新型コロナウイルスの流行に伴い在宅する人が増える中、アルコール飲料の消費が増えていることが、純利益を押し上げたという。第2半期の売上高は前年同期比4%増の110億ペソ。上半期(1~6月)の売上高は215億ペソで、前年同期の214億ペソから増加した。

同社は「外部要因が大きなプレッシャーを事業に与えるとともに、ほかの面では可能性が開かれるという複雑な年において、今回はポジティブな成長を確保できた」としている。

Translate »