フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

地熱・水力発電増加、エネルギー省

エネルギー省(DOE)はこのほど、3度目の新規電源調達となる公開競争入札制度(OCSP)において、応札事業者の増加によって地熱と水力発電容量の拡大が予想されることを明らかにした。 同省が開示した情報によると、現在地熱が5件(合計87MW)、水力17件(合計65.4MW)の応札が予定されているという。昨年は、DOEから提示された4件の地熱と17件の水力発電に対して、それぞれ事業者から8件と31件の応札があったという。OCSPの落札者は、50MW未満の場合は2年間、50MW以上の場合は5年間の猶予期間が設けられ、その間に発電設備を建設することが求められる。

DOE傘下の再生可能エネルギー管理局のカポンコル局長は、再生可能エネルギー資産規準(RPS)法を含む再生可能エネルギー政策が今年から施行されるため、事業者にとっては好機となるだろうと語った。電力事業者 は年間1% または、年間に定められた割合で、電力資産 において 再生可能エネルギーの割合を増加することが義務付けられるという。

Translate »