フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

マニラ首都圏の5Gカバー率、88%=グローブ社

大手通信事業者のグローブ・テレコムはこのほど、首都圏の少なくとも88%が5Gネットワークの下にあることを明らかにした。

グローブ社によると、5G対応のスマートフォンを持っている顧客は、特にタギッグ市のボニファシオ・グローバル・シティやパシグ市のオルティガス・センターなどのビジネス街にいる場合、同社のネットワークにアクセスすることに問題はないという。また、マカティやパテロスなどの近隣地域でも、同様に容易に接続が可能という。同社のチーフコマーシャルオフィサー は「5G技術への需要がさらに高まることから、年内の5Gセルサイトの設置がさらに増えると想定している」と述べた。

現在、フィリピンでの5G接続はまだ限定的であり、一部の都市部では接続の安定性に問題があると言われている。同社は、他の地域では、セブ、バコロド、イロイロなどのビサヤ地方の都市部で消費者向けに接続性を高め、ミンダナオ島のダバオやカガヤン・デ・オロなどの都市部でも5Gが導入しているという。

Translate »