フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

グローブ社、テルコイン社と送金サービス提携へ

フィリピンのグローブ・フィンテック・イノベーション社が運営するGCashとシンガポールを拠点とするテルコイン社はこのほど、ブロックチェーン技術を利用したデジタル送金サービスを立ち上げたと発表した。このモバイル・ウォレット・サービスは、カナダとフィリピン間の送金を対象としており、ユーザー数は3,300万人程度を想定しているという。

テルコインは、 モバイルマネープロバイダーを介して取引することにより、国際送金のコストを削減することを目指すと述べている。携帯電話を利用した電子決済アカウントは、95か国で10億以上あり、年間送金額は73億ドルであるという。テルコインは、国際送金の手数料を2.5%もしくはそれ以下を目標としており、これは 世界の平均コストの7%よりも低い設定という 。

世界銀行のデータによれば、昨年の第4四半期時点のカナダからフィリピンへの送金平均コストは4.92%であったという。またカナダからフィリピンへの送金額は、年間約28億ドル相当送金とされている。

Translate »