フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

ジョリビー、9ヶ月間で135億ペソの赤字

国内外食産業最大手のジョリビーフーズ(JFC)は、第3四半期連結決算における純損益が15億7ペソの赤字となり、前期よりは回復したものの、昨年同期に比べて195%の収益下落となったと発表した。今年に入って9ヶ月間の純損益は、135億ペソの赤字となっている。昨年同期は41億ペソの黒字であった。

収益減の主な理由は新型コロナの影響であるが、タンマンチョンCEOは「環境の変化に伴うビジネスの再構築に集中しているところだ。コロナ禍の悪影響を受けているものの、店舗営業の再開するにあたり、新製品のリリース、販促キャンペーンの再開、デジタルプラットフォームを通じて顧客とつながるシステムやインフラを強化したり、海外店舗の新規オープンをしている」と語った。

JFCは今後も世界でトップ5のファーストフードチェーンとなる目標を掲げているという。9月末現在、JFCの店舗数は国内3,247店、海外2,566店となっており、国内外総店舗数は5,813店舗となっている。

Translate »