フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

ジョリビー、海外展開を拡大へ

国内最大手の外食ジョリビー・フーズはこのほど、コロナ禍による赤字決算から脱却するため、積極的な海外展開の継続を経営戦略として掲げていることを明らかにした。

タンマンチョンCEOは、今年はさらなる買収も視野に入れつつ、国内外で450の新規店舗を設置する予定という。同氏は長期目標として、同社を世界のトップ5とすることを視野に入れている。安定した財政基盤から、現段階でコーヒービーン・アンド・ティーリーフの買収と同規模の、3億5千万ドル程度の買収が可能だという。

ジョリビーは、国内よりも海外での拡大を推進しており、CEOによれば、2021年の新店舗の約80%は海外で、主に中国、北米、東南アジアに「均等に分割」されるという。2025年までに、売上の半分は海外からのものになると彼は語った。2020年末現在、売上高の58%はフィリピンからのものだという。

Translate »