フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

1~5月PEZA承認投資案件、前年より減少

フィリピン経済区庁(PEZA)はこのほど、同庁が認可した投資案件が2020年1~5月に大きく減少したと明らかにした。新型コロナウイルスの流行拡大を受け、投資が低迷したためだ。

PEZAが承認した2020年1~5月の投資案件の投資額は295億4000万ペソで、前年同期の432億2000万ペソから減少した。承認した投資案件は113件で、前年同期の196件から減っている。部門別では製造部門への投資額は前年同期10・47%減の103億5000万ペソに沈んだ。

一方、2020年1~5月に承認された投資案件が実現すれば、合わせて157万人規模の新規雇用につながると期待されている。

Translate »