フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

PLDTは増収、グローブは減収か、フィッチ予測

米英系格付け大手のフィッチ・レーティングスはこのほど、フィリピンの通信大手2社の業績は2020年に異なる結果を出すという見方を示した。PLDTの2020年の売上高は前年から増加すると予想。これに対し、グローブ・テレコムの売上高は前年からマイナスになるとみている。PLDTについては、多様なサービスを有するとともに、固定通信部門で優位な位置にあることで、無線通信部門の不振を緩和できるためだという。

しかし一方で、PLDTは、携帯部門の売上高を増やし、ブロードバンド網を拡充するために、投資を進める必要があることも指摘している。

Translate »