フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

ペトロン、政府の反応次第でバターン州の製油所閉鎖ありうる

フィリピンの石油元売り大手ペトロンのラモン・アン社長兼最高経営責任者(CEO)はこのほど、公平な競争を求める業界の訴えに政府が耳を貸さない場合、バターン州の製油所を閉鎖する計画だと明らかにした。アン社長は今回、記者団に対し、「政府との交渉がうまくいかない場合、製油所を閉鎖する」と説明した。

フィリピンでは2003年にカルテックス・フィリピンがバタンガス州の製油所を閉鎖したほか、最近では2020年9月にフィリピン・シェルも拠点を閉鎖した経緯がある。ぺトロンが製油所を閉鎖すれば、こうした動きに続くものとなる。

Translate »