フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

フィンマ・エデュケーション、20年3月期に純利益が30%増加

フィリピンのフィンマ・コーポレーション傘下のフィンマ・エデュケーション・ホールディングスはこのほど、同社の2020年3月期決算で、連結純利益が5億3,200万ペソとなり、前年同期の4億1,000万ペソから30%増えたと明らかにした。

フィンマ・エデュケーションはフィリピンの7ヵ所に教育機関を保有する。同時にインドネシアの西ジャワ州カラワンにも教育機関を置く。直近では2019年12月にケソン市で教育機関を買収した。

フィンマ・エデュケーションは今後も事業を拡大する意向で、投資を進めるとしている。

Translate »