フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

通信事業者ディト、来月にも事業開始

フィリピン国家電気通信委員会(NTC)は、ディト・テレコミュニティーが、サービス提供エリアでの接続性やインターネットの通信速度に関する技術監査の要件を満たしたことを明らかにした。

ディトは国内第3の通信事業者として事業許可証を付与されており、サービス開始に向けて、人口カバー率を37%以上、平均通信速度を毎秒27メガビット以上にすることが求められていた。

地場会計事務所 RGマナバットが調査および作成した、NTCへの報告書によると、 ディトが提供する通信サービスの実際の速度は、商業的に稼働している場合は異なる可能性があるものの、ランダムサンプリングによるテスト実施によって技術監査の要件は満たしていることが確認されたという。

ディトは来月にも事業を開始する予定で、NTCは「業界内の健全な競争は、通信費用や通信環境が改善するという、国民への大統領の約束を果たすことができる」と述べた。

Translate »