フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

アヤラ・コープ、米国の太陽光発電会社を買収

 フィリピンのコングロマリット(複合企業)アヤラ・コープはこのほど、同社の子会社が米カリフォルニア州に本拠を置くマーリン・ソラー・テクノロジーズの株式を取得したと発表した。フィリピンのマニラタイムズ電子版が2月27日付で報じた。
アヤラ・コープは太陽光発電部門を広げたい意向で、今回の株式取得はこの一環。同社傘下のACインダストリアル・テクノロジー・ホールディングスはマーリンへの出資比率を2016年時点の8.2%から78.7%に引き上げた。ただしアヤラ・コープは株式の買収額は明かしていない。
アヤラ・コープはマーリンがグループの再生可能エネルギーによる発電事業などに貢献すると期待している。

Translate »