フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

グラブ・フィリピン、17年に赤字額が拡大

 配車アプリのグラブ傘下のグラブ・フィリピンはこのほど、2017年に同社は29億1000万ペソの純損失を計上したと発表した。赤字額は前年の15億6000万ペソから拡大している。フィリピンのマニラタイムズ電子版6日付で報じた。
グラブ・フィリピンを率いるブライン・クー氏は「グラブはフィリピン市場に参入してからこれまでに、いかなる利益も確保できていない」とした上で、「グラブはウーバーの東南アジア事業の買収を実施したが、フィリピンでの投資を引き続き継続する。利益をすぐに確保できるとは考えていない」と述べた。
一方、グラブ・フィリピンは遠隔地に住む顧客の確保に向けて、ドライバーに燃料に対する補助を行うことを計画している。ドライバーは遠隔地に行くことを嫌がる傾向にあるが、補助を出すことで、遠隔地まで顧客網を広げたいとする。

Translate »