フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

グローバル・エステート、住宅事業で12億ペソ売上高見込む

 大物実業家アンドリュー・タン氏率いるグローバル・エステートはこのほど、ラグナ州での住宅開発プロジェクト「チューリップ・ガーデン」で12億ペソの売上高を確保する見通しだと明らかにした。
チューリップ・ガーデンは22階建ての集合住宅で、スタジオ・タイプとワンベッド・ルームの部屋を揃えている。各戸の面積は28・5平方メートルから41平方メートルという。
さらに眺望の良い庭園やジョギングロード、レクリエーション・ゾーン、ピクニック・エリア、屋内プレイルーム、屋外プレイグラウンド、フィットネスセンター、プールが併設されている。
同社の最初のコンドミニアム・プロジェクト「ホーランド・パーク」の販売が好調だったことから、チューリップ・ガーデンの展開を決めたという。

Translate »