フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

セブン―イレブン、植林事業を実施

 コンビニエンスストアのセブン―イレブンの従業員はこのほど、7月11日の「セブン―イレブン・デー」に合わせ、マリキナ川流域で植林を実施した。
セブン―イレブンはマリキナ川流域の今回、苗木1550本を植えた。同川流域の面積は2万6125ヘクタールで、豊かな生物多様性を有する上、マニラ首都圏への洪水を緩和する機能を持つことから、天然資源・環境省が保護している。
セブン―イレブンは2006年から2009年にかけ、セブイ―イレブン・デーに伴い「ラメサ・エコパーク」で植林を実施。2016年には、気候変動キャンペーンを初めて実施するなど、様々な環境関連事業を行っている。

Translate »