フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

セブ・パシフィック航空、貨物事業を強化へ

 フィリピンの格安航空会社(LCC)セブ・パシフィック航空はこのほど、スイスのIPRコンバーションズと、ATR72-500型機2機を貨物専用機に転換することで契約を結んだ。
セブ・パシフィック航空は国内の物流部門の成長を受け、物流サービスを強化する意向で、旅客機を貨物専用機に転換することにより、貨物事業を強化する方針だ。
この2機はフランスで転換に向けた作業が実施され、コンテナなどに対応できる貨物向けの大型ドアが設置される見通し。
転換する2機のうち1機は2018年第4四半期(10~12月)に納入される見込み。その後は同社の完全子会社のセブゴーにより運航されることになる。

Translate »