フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

セブ・パシフィック航空 日本支社開設で日本でのプレゼンスを強化

 フィリピン最大のエアラインであるセブ・パシフィック航空は、この度、アジア太平洋地域における事業の拡大戦略の一環として、2018年 5月16日に正式に日本支社を開設した。
日本支社では、団体予約サービス、航空券販売、顧客サポートなどといった企業間における取引や一般消費者との取引を通常業務として行いながら、日本でのマーケティング戦略とプロモーション活動も推進していくという。
セブ・パシフィック航空のチーフ・エグゼクティブ・アドバイザーである、マイケル・スゥーチ(Michael Szucs)は、「日本支社は、我々のネットワークにおいて最も重要な市場の1つである日本市場での発展が、次の段階へ進むことを象徴している。弊社としては日本の皆様に、フィリピン流のおもてなしやフィリピン国内の素晴らしい旅行先を実際に体感していただきたいと考えている。」と述べた。
日本支社長の松本知彦は、「1年を通して低価格を実現しているセブ・パシフィック航空では今後も、日本人のお客様に対してより多くの選択肢を提供していいく。そして、多くの日本のお客様にフィリピン旅行に魅力を感じていただき、セブ・パシフィック航空を、より多くの機会でご利用いただけることを楽しみにしている」と抱負を語った。
セブ・パシフィック航空は、所有する機体の平均年数は5年未満と世界でも最も新しい機体を使用する航空会社のひとつである。今年で日本就航開始から10年目を迎え、日本-フィリピン間で週70便を運航している。マニラー成田・大阪・名古屋・福岡間、そしてセブー成田間でサービスを提供している。

セブ・パシフィック航空日本支社
住所: 東京都中央区日本橋茅場町 2-5-6日本橋大江戸ビル 7 階
電話: 代表 03-6264-8120
予約ホットライン(一般のお客様専用) 03-6264-8120
(セブ・パシフィック航空広報事務局プレスリリースより)

Translate »