フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

セブ・ランドマスターズ、18年は42%増収狙う

 フィリピンの不動産開発大手セブ・ランドマスターズはこのほど、2018年の売上高を前年比42%増の57億ペソに引き上げる方針だと明らかにした。フィリピンのマニラタイムズ電子版が11月29日付で報じた。
セブ・ランドマスターズはさらに、2018年の純利益についても、2017年に見込んでいる純利益12億ペソから47%拡大させて17億ペソにする意向だ。
東ミサミス州カガヤンデオロの「カーサ・ミラ・タワーズ・ラバンゴン」プロジェクトなどセブ・ランドマスターズの手掛ける複数のプロジェクトは2018年中に完成する見込みで、同社はこれが業績に寄与すると期待している。
さらに2018年には約20件のプロジェクトを新規に始動させる予定だ。

Translate »