フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

ゼネラリ、18年は保険料収入の40%拡大目指す

 イタリアの保険大手ゼネラリ傘下のゼネラリ・アシュランス・フィリピンはビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)企業や経済区の入居企業との連携を深めることにより、2018年の保険料収入を前年から40%伸ばす意向だ。フィリピンのマニラタイムズ電子版が2月25日付で報じた。
同社は、BPO産業は今後も成長を続けるとみられることから関与を深めたいとする。さらにフィリピン政府による農村の経済開発プログラムによる保険分野への恩恵を取り込みたいとするとともに、保健医療機関との提携関係を広げることで事業を拡大したいという。
ゼネラリは現在までにフィリピンの1600に上る医療機関と医療専門家2万2000人と提携している。

Translate »