フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

フィリピン航空、18年の純利益目標を下方修正

フィリピン航空はこのほど、2018年通年の純利益目標を下方修正した。通貨ペソの対米ドル相場が下落していることと、燃料コストが上昇しているためだという。
フィリピン航空は2017年に1億2900万米ドルの赤字を出した。燃料価格の高騰に加え、機材の新規購入などの費用が利益を圧迫した格好だ。
一方、同社のハイメ・バウティスタ社長兼最高経営責任者(CEO)は「2018年の純利益は前年から2桁の伸びを見せて、1000万米ドル超にはなるだろうが、これは当初見込みを下回る水準だ」と説明。「燃料価格の上昇を受け、われわれはすでに純利益の目標値を引き下げた」と述べている。

Translate »