フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

フィルライス、穀物バイオ技術センターに着工

 フィリピン稲作研究所(フィルライス)はこのほど、ヌエバエシハ州ムノズ市で穀物バイオ技術センターの建設を開始したと発表した。総工費は3億200万ペソの見込み。これにより、コメの生産性向上を促す。フィリピンのマニラタイムズ電子版が6月27日付で報じた。
新拠点は、農業バイオ技術分野の研究開発(R&D)を加速するための拠点となる。将来的には研究施設や多目的ホールなどが設置されるとともに、500~800人が働く場所になるという。とりわけトウモロコシ、ココナツ、コーヒー、サトウキビ、バナナのバイオ技術プログラムを実施することになるとみられている。

Translate »