フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

ベーシック・エナジー、ミャンマーで太陽光発電事業へ

フィリピンの上場ベーシック・エナジーはこのほど、タイの上場企業ビンテージ・エンジニアリング・パブリック(VTE)と、ミャンマーで総出力220メガワット(MW)の太陽光発電事業を落札した企業2社の株式を取得する方向であることを確認する合意文書を交わした。フィリピンのマニラタイムズ電子版が18日付で報じた。
ベーシック・エナジーが出資する予定なのは、ビンテージEPCとビンテージ・インターナショナル・コンストラクション。両社は、ミャンマーにおける太陽光発電事業でEPC(エンジニアリング、調達、建設)契約を結んでいる。ベーシック・エナジーはこの2社の株式を少なくとも12.5%取得する見込みだ。
2社はミャンマーで太陽光発電所プロジェクトの第1期に取り組んでいる。この太陽光発電所は完成すれば、出力が50メガワット(MW)になる見通し。

 

Translate »