フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

メラルコ、風力発電事業に8億米ドル投資計画

 フィリピンの電力大手マニラ・エレクトリック(メラルコ)はこのほど、2件の風力発電事業に約8億米ドルを投じる計画だと明らかにした。2件の事業は完成すれば出力が計300メガワット(MW)になる見通し。フィリピンのマニラタイムズ電子版が10日付で報じた。
メラルコのオスカル・レイエス社長は9日、「風力発電所の開発には8億米ドル程度の投資が必要になるだろう」と語った。
メラルコ傘下のメラルコ・パワー・ジェンは2017年12月、石炭火力発電と価格面で競争ができる出力300MWの風直発電所を建設する方向で検討していると明らかにしていた。新たな発電所は、国内で最も風力発電所が集積する上、メラルコの事業エリアとなっているマニラ首都圏に近いイロコスノルテ州に建設される見通し。

Translate »