フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

中国スマホの北京小米科技、比市場に再参入へ

 中国スマホ大手の北京小米科技(小米、シャオミ)はフィリピン市場に再進出した。これに合わせ1台当たり4590ペソと同9990ペソのスマホを発売した。フィリピンのマニラタイムズ電子版が14日付で報じた。
シャオミは2015年にフィリピン市場から撤退した経緯がある。一方、シャオミの東南アジア部門を率いるジョン・チェン氏は今回、「わが社は(フィリピン市場で)信頼を獲得したい」と強調する。同社は現在、セブやダバオをはじめとするフィリピンの都市で3店舗を開設する計画を打ち出している。さらにさらに、「ラザダ」や「Shopee」のようなオンラインストアと提携しているという。

Translate »