フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

比の18年の成長率は7%に、ウォレス・ビジネス・フォーラム予測

 ウォレス・ビジネス・フォーラムはこのほど、フィリピンの2018年の国内総生産(GDP)伸び率が前年比7%になるとの見通しを示した。フィリピンのマニラタイムズ電子版が報じた。
フィリピンの2017年のGDP伸び率は前年比6.7%だったが、ウォレスは2018年についてはこれを上回るとみている。
一方、フィリピン政府は2018年に7~8%の成長率を確保する目標を掲げており、ウォレスの見通しはこれを下回る。
ウォレスは「フィリピンは7年連続でアジアの新興市場の中で最良の結果を出し続ける上、中期的に貧困削減目標の達成に向けて進むだろう」と説明している。

Translate »