フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

航空機ATR、フィリピン事業拡大に意欲

 欧州航空機メーカーのATRはフィリピンで事業を広げる意向だ。フィリピン政府はマニラ首都圏の外に航空産業のハブの整備を促しているため、事業を伸ばす余地が大きいとみている。
ATRのセールス・ダイレクター、ローレト氏は8月27日、「空港インフラの改善より、旅行が容易になっている」と説明する。
運輸省は現在、ニノイ・アキノ国際空港(NAIA)に代わる空港の設置を促している。これにはサンミゲルによるブラカン空港プロジェクト、カビテ州政府による空港計画、パンパンガ州のクラーク国際空港の拡張計画が含まれる。ATRはこうした政府による施策がフィリピン事業の追い風になるとみている。

Translate »