フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

韓国水力原子力発電、比で原子炉建設を計画

 フィリピンのエネルギー省と韓国電力公社傘下の韓国水力原子力発電(KHNP)、フィリピンでの出力100メガワット(MW)の原子炉の建設に向け交渉している。フィリピンのマニラタイムズ電子版が7日付で報じた。
アルフォンソ・クシ・エネルギー相とKHNPのジェ・フン社長兼最高経営責任者(CEO)は5日に会談し、エネルギー部門における二国間の連携に関して協議した。両者はこの中で、カガヤン特別経済区内での小型原子炉の開発に向けた事業化調査(FS)の可能性についても議論したという。
KHNPは2001年に設立された会社で、韓国の電力のおよそ31・5%を発電している。

Translate »