フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

香港の実業界、比でのインフラ投資に期待感

 香港貿易発展局(HKTDC)の代表者を含む香港と上海の実業界の代表者から成る使節団が4月22~24日、フィリピンを訪問し、同国での投資の可能性を探った。特に中国が提唱する現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」の下でのインフラ事業について関心を持っているという。フィリピンのマニラタイムズ電子版が4月29日付で報じた。
HKTDCのビンセント・ロー局長は「香港と上海の資本、専門家、生産能力の組み合わせを提供することにより、われわれはフィリピンのパートナーとの連携を進めていきたい」と協調する。
フィリピンの国内総生産(GDP)は2017年に前年比6.6%の伸びを確保した。さらに同年1~9月の同国の輸出額は477億米ドルとなり、前年同期から12.2%増加している、一方、香港からフィリピンへの輸出額はこの期間に前年同期から10.2%増えたほか、フィリピンからの輸入額も30.3%の伸びを確保している。

Translate »