フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

18年のOFW送金、伸び率5%台に回復へ=HSBC予測

金融大手HSBCはこのほど、フィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)からフィリピンへ送金額の1月の伸び率について、前年同月比5・1%になるとの見通しを示した。また通年については、5%台の伸び率に回復するとみている。前年同月時点の伸び率8・6%から減速するという。フィリピンのマニラタイムズ電子版が15日付で報じた。
HSBCは「2018年年明けはOFW送金の伸び率が鈍化するだろう。ただし通年については2017年の実績を上回る見込みだ」と説明する。
また「ペソ安の影響を受け、2018年通年のOFW送金の前年からの伸び率は過去に維持してきた5%台に回復するだろう」と述べている。OFW送金の伸び率は2017年に前年比4・3%となったが、2018年はこれを超えるとの見方だ。

Translate »