フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

8月のCPIは6・4%、9年来の高水準

 フィリピンの8月の消費者物価指数(CPI)は前年同月から6・4%上昇し、過去9年で最高の水準となった。
フィリピン中央銀行(BSP)は当初、8月のCPIについて前年同月比で5・9%、財務省は同5・8%上昇すると、それぞれ予測していた。実際の数値はこれら予想を大きく上回る。
インフレが加速する中、アナリストの中からは、中銀がインフレ対策のためにさらなる利上げを行うとの見方も出ている。
8月のCPI上昇率を品目別でみると、「食品・非アルコール飲料」は前年同月から8・5%上昇した上、「アルコール飲料・タバコ」に至っては21・6%の伸び率となった。

Translate »