フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

ACエナジー、ベトナムで太陽光発電事業を計画

 フィリピンのコングロマリット(複合企業)アヤラ・コープ傘下のACエナジーはこのほど、ベトナムのBIMグループと、ベトナムにおける太陽光発電所の開発で提携した。フィリピンのマニラタイムズ電子版が報じた。
ACエナジーはフィリピン証券取引所(PSE)に提出した書面で、BIMグループと合弁会社を設立し、ベトナム中南部ニントゥアン省に出力300メガワット(MW)を超える太陽光発電所を建設すると説明した。
第1期は1月23日に着工しており、完成すれば出力は30MWになる。年内に完工予定で、総工費は8000億ドン(約18億1000万ペソ)になる見込み。

Translate »