フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

OFW送金、17年11月は3.2%増加

 フィリピン中央銀行(BPS)はこのほど、フィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)による同国への送金額は2017年11月に計25億2600万米ドルとなり、前年同月の24億4600万米ドルから3.2%増加したと発表した。フィリピンのマニラタイムズ電子版が16日付で報じた。
2017年1~11月のOFW送金は282億4200万米ドルで、前年同期から5.1%のプラスを確保している。
11月単月で、OFW送金が多かったのは国別では米国とドイツだった。
1~11月では米国、アラブ首長国連邦(UAE)、サウジアラビア、シンガポール、日本、英国、カタール、クウェート、ドイツ、香港が全体の80.2%を占めている。

Translate »