フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

17年の成長率は6.7%を確保、アジアでは中・越に続く高水準

 フィリピンの2017年の国内総生産(GDP)伸び率は前年比6.7%となった。これはアジア諸国の中でも高い水準であるとともに、アナリストらの事前予測を超えている。フィリピンのマニラタイムズ電子版が24日付で報じた。
2017年のGDP伸び率は2016年の6.9%の伸び率には届かないものの、アジア地域では中国とベトナムに続く水準だ。
国家経済開発庁(NEDA)のエルネスト・ペルニア長官は「安定した経済パフォーマンスからフィリピンのGDP伸び率は2017年に6.7%を確保した。これはアジアでは中国の6.9%、ベトナムの6.8%の伸び率に続く高い伸びとなっている」と述べている。

Translate »