フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

向こう6年で720万人分の新規雇用創出へ、政府が目標

ィリピン政府はこのほど、向こう6年で国内において計720万人分の新規雇用を創出する目標を明らかにした。フィリピンのマニラタイムズ電子版が12月1日付で報じた。

政府は特に、建設、製造、ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)部門、情報技術(IT)部門、航空関連部門をはじめとした各産業部門で、合わせて年間120万人の雇用を新規に創出することを目指す意向だ。

フィリピンの建設部門は国内総生産(GDP)の3.3%を稼ぎだしているが、建設業界は2017年にはGDPに占める割合を7%に拡大する目標を打ち出している。一方、製造部門は2016年第3四半期(7~9月)に前年同期から6.9%拡大した。これは前年同期の伸び率5.8%を超える水準だ。

さらにフィリピン情報技術(IT)・ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)協会は、同国のIT・ビジネス・プロセス管理(BPM)部門は2022年までに売上高が年間390億米ドル規模に拡大すると予想している。

Translate »