フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

フィリピン・エアアジア、17年内にIPO実施へ

アジア最大の格安航空会社(LCC)エアアジア傘下のフィリピン・エアアジアは2017年中に新規株式公開(IPO)を実施する見通しだ。IPOにより得た資金を機材導入に振り向ける見込み。フィリピンのマニラタイムズ電子版が8日付で報じた。

フィリピン・エアアジアはIPOにおいて見込んでいる売り出し価格などに関して明らかにしていない。

一方、エアアジアのトニー・フェルナンデス最高経営責任者(CEO)は先に、「フィリピン・エアアジアのIPOにより2億米ドルを確保することを視野に入れている」と明かしていた。

同CEOは2月には、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピンに置く傘下の各社について、東南アジア諸国連合(ASEA)事業を統括する上場持ち株会社の傘下に入れるとの計画を示した。この持ち株会社は香港かシンガポールの証券取引所に上場する見通しだという。

Translate »