フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

3月の国際収支、前月や前年同月より悪化

フィリピン中央銀行(BSP)は6月1日、3月の国際収支が4億4800万ドルの黒字で、前年同月(6億2700万ドルの黒字)から1億7900万ドル、前月(8億3900万ドルの黒字)から3億9100万ドル、それぞれ国際収支が悪化したと発表した。

フィリピンの国際収支は2019年7月以降、黒字を継続していた。しかし、2020年に入り、政府が外貨建て債務の返済を行ったことに加えて、米国とイランの地政学的な緊張が高まったことや、1月中旬にマニラ近郊のタール火山の噴火活動が活発化したことによる影響から、海外機関投資家がポートフォリオ投資を引き揚げたことで、7カ月ぶりに赤字を記録。その後、3月に入り新型コロナウイルスの国内感染拡大が本格化したことなどが影響し、第1四半期(1~3月)の国際収支は6800万ドルの赤字となり、前年同期(37億9700万ドルの黒字)から大きく悪化した。

一方でフィリピンの支払能力は、「新型コロナウイルス問題」が本格化した3月も、引き続き安定している。3月末時点の総外貨準備高(GIR)は国全体の輸入額の7・9カ月分、短期対外債務の5・3倍に相当する888億6000万ドルとなった。(JETRO坂田 6月11日)

Translate »