フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

センチュリー・プロパティーズ、初の低価格住宅を売り出し

フィリピンの上場不動産開発会社センチュリー・プロパティーズ・グループはこのほど、カビテ州タンザで低価格住宅プロジェクト「PHirstパーク・ホームズ」を売り出した。これは同社にとって初めての低価格住宅事業だという。フィリピンのマニラタイムズ電子版が5月31日付で報じた。 PHirstパーク・ホームズは26ヘクタールの用地での住宅を開発するもので、1戸当たりの面積は40平方メートルで、価格は110万~220万ペソとなっている。分割での支払いの場合、1カ月当たりの支払い額は9000ペソだという。 それぞれの住宅にはフェンス、ゲート、バスルームに加え、庭や駐車場向けのスペースも設置されている。

Translate »