フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

クラーク国際空港、日・台・タイの各路線就航視野

フィリピンのクラーク国際空港公社(CIAC)はこのほど、2017年にクラーク国際空港発着の日本、台湾、タイへの各路線を開設する計画だと明らかにした。フィリピンのマニラタイムズ電子版が8日付で報じた。

CIACによると、クラーク国際空港発着のタイ、台湾、日本行きの各路線への要望が大きいことから、この3路線の導入を計画している。

クラーク国際空港の取り扱い旅客数は2016年に130万人となった。CIACは2017年は前年を上回ると予測している。

CIACは先には、中国東方航空と上海―クラーク便を8月に運航開始することで合意した。

このほか、セブゴーは6月からクラーク国際空港と中国の8都市を結ぶ各路線を就航する計画だ。

またフィリピン航空はクラーク国際航空と米ロサンゼルスを結ぶ便を2017年中に就航する見通し。

Translate »