フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

膨らむ公的債務、今年10ヶ月で前年比300%増

財務局のデータによると10月の政府借入は6,632億ペソとなり、前年比12倍へと急増したという。このうち96%が国内調達分で、690億ペソの中長期国債と300億ペソの短期国債も含まれるという。政府借入は2020年の 10か月で3兆2千億ペソに達し、前年同期の9,675億6千万ペソと比較して3倍以上となっている。これは2016年から2019年までの借入総額とほぼ同じ規模になるという。当初の通年借入額目標は3兆ペソであった。海外からの借入は95.6%増加して5,744億ペソとなっている。内訳は、国際金融機関からのプロジェクトおよびプログラムローンに加えて、ドル建て・ユーロ建て債券という。

一方、9月の財政赤字は3,510億ペソに縮小したものの、歳入の減少と新型コロナウィルス対策コストの増加を背景に、今年9ヶ月間の累積赤字は同期比194%となっているという。

Translate »