フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

中小企業向けのコロナ融資制度の活用、十分になされず

ディー国会議員は、中小零細企業向けの低金利融資制度が十分に活用されておらず、現時点での融資額は総額100億ペソのうち、12億ペソにとどまっていることを明らかにした。申請の期限は12月19日までで、国会議員は実施機関に対し円滑な融資支援を行うよう訴えた。

低利子の融資枠は、新型コロナウィルスの影響を受けた国内中小零細企業への救済措置として、第2次バヤニハン法の一部として政府が100億ペソを割り当てたものだという。国会議員は、経済が動き出す中で中小零細企業の果たす役割は大きく、必要な支援を迅速にすべきだと語った。

DTIによると100億ペソのうち80億ペソが中小企業金融公社に割り当てられ、低金利ローンの形で中小企業と観光産業への支援を主な目的としているという。現在、融資承諾は6600件のみで、2万6000件が審査中という。融資枠設置時には、10万企業及び20万人の労働者が恩恵を受けることが想定されていた。

Translate »