フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

12月の製造業PMI、49.2と回復基調に陰り

英市場調査会社IHSマークイットによれば、フィリピンの2020年12月の製造業購買管理者指数(PMI)は、前月から1.7ポイント減の49.2を記録したことがわかった。

ユニオンバンクのチーフエコノミストは「消費需要が新型コロナの影響で大きな打撃を受けたことを示している。」と分析しており、INGバンクのシニアエコノミストも「 移動制限等の緩和にもかかわらず、経済活動が新型コロナ以前のレベルをはるかに下回っていることを示している」として、ユニオンバンクと同様の見解を示した。実際、稼働している工場でも平均稼働率は、昨年10月の71.8%から11月には70.9%に低下したという。

Translate »