フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

防疫措置再強化により製造購買担当者景気指数が49.0に

英市場調査会社IHSマークイットはこのほど、フィリピンの2021年4月の製造業購買担当者景気指数(PMI)が、前月の52.2から49.0に低下したことを明らかにした。

調査会社によると「4月の調査データは、フィリピン経済の後退を示しており、上昇傾向にあった経営状況は再び縮小領域に戻った」と分析している。また「新型コロナウィルス感染に伴う防疫措置規制の強化により工場が再び閉鎖され、生産ラインが大きな打撃を受けた」と説明した。

防疫措置期間中、サプライチェーンに大損害が生じたとして、フィリピン競争委員会が物流と原材料の調達における物流業界の不正関与を調査中という。問題化しているコンテナ需給の逼迫とそれに伴う運賃の上昇については、フィリピン輸出業者連盟が、結果として2週間から1ヶ月の遅れを引き起こしたことを明らかにしている。

Translate »